トップ

小さな憧れのウェディング

一生に一度はウェディングドレスを身に着けバージンロードを歩いてみたいものです。しかし、最近では結婚式離れが進んでいて、籍は入れても式は執り行わないというカップルが増えています。やはり、それなりの費用がかかる結婚式、披露宴に意味が見いだせないという時代の流れかもしれません。一般的なその相場は数百万円といわれていますので、ご祝儀があるとはいえ支払うことにためらいを感じても不思議ではありません。しかし、女の子のいる両親にとってかけがえのない楽しみでもあるのがウェディングというものです。せめて家族だけでも招待して小さな結婚式を挙げてみてはいかがでしょうか。

家族

費用の相場と家族の負担

ウェディングにかかる費用は形式や規模によって異なりますが、大体300万円から350万円が相場であるといわれています。これらを自己資金のみでまかなえるカップルというのは非常に稀で、多くの場合、親からの援助やお祝い金を不足分に充てているようです。ある調査によると約7割のカップルが家族から何らかの援助を受けているそうです。ただ、ウェディングの費用を援助するか否か、またどのくらい援助するか、といったようなことに関しては、両家で揃えたりするようなことはあまりなく、それぞれの家族ごとに話し合って決めている場合が多いです。

↑PAGE TOP

© Copyright ウェディングにおける負担. All rights reserved.